審美的歯科治療|矢切駅より徒歩1分、むし歯治療・予防に力を入れる矢切駅前歯科

047-365-4180

18時以降も診療
土日診療

審美的歯科治療

セラミック治療

セラミック治療

むし歯などの治療によって歯の一部を削った場合、喪失部分の大きさによって詰め物(インレー)、または被せ物(クラウン)を補うことになります。保険診療は銀歯がありますが、残っている歯に見た目が馴染まず、目立ってしまいます。また、金属アレルギーの懸念も残ります。同じく保険診療のプラスチック(レジン)は、経年により変色しやすいという問題があります。
一方、セラミックは透明感のある白さが特徴の素材です。自費診療のため高価格になりますが、ほかの歯との色調を合わせられるので、口元が自然に仕上がります。また、変色のリスクも少なくなります。さらに、非金属製なので金属アレルギーの心配もありません。セラミック治療には、金属と組み合わせるなどさまざまな種類があるので、患者さまの希望や状態に合わせてご提案します。
費用については、料金表をご参照下さい。

オールセラミック

オールセラミック

セラミック治療の中でも、より透明感があって美しい補綴物がオールセラミックです。オールセラミックはセラミックのみを素材としているので白さが際立っており、口元が美しく見えるようになります。また、金属を使用しないので金属アレルギーの患者さまも安心してご使用できます。長く使っていても変色に強く、腐食しにくいので歯肉との境目もきれいな状態を保ちます。金属の補綴物は錆びて歯肉などが黒ずむことがありますが、オールセラミックであればそうしたデメリットを改善できます。
一方で、オールセラミックは強度が高いものの、強い衝撃を受けると割れてしまうおそれがあります。そのため、強く噛みしめる奥歯(臼歯)には向かない場合があります。

e-max

e-max

e-maxは二ケイ酸リチウムガラスを主成分とするセラミックの一種の素材です。特徴として、適切な柔軟性が挙げられます。柔らかすぎず硬すぎずという柔軟さにより、強い力が加わったときに高い強度を発揮し、ご自身の歯を傷めません。それにより、歯の寿命が長持ちすると考えられています。ほかのセラミック素材であれば、被せ物として使うときにフレームと呼ばれる強度の高い材料を裏側に使うことがありますが、e-maxであればフレームを使わずに被せ物の形態にすることが可能です。また、金属アレルギーの心配もありません。 e-maxはセラミック素材の中でもより白くきれいな見た目を誇りますが、それゆえに残っている天然歯より目立ちすぎてしまうおそれがあり、丁寧な色調の調整が必要となります。
※イーマックスプレス(IPS e.max プレス)は医療機器(医療機器承認番号 220AGBZX00010000)として認可されています。

ジルコニアセラミック

 ジルコニアセラミック

ジルコニアは、セラミックの種類の中でも特に丈夫な素材です。その硬さは「人工ダイヤモンド」と呼ばれるほどです。セラミックは強い衝撃を受けると割れやすいという性質がありますが、ジルコニアであれば割れにくく壊れにくいというメリットがあります。こうした強度の高さのおかげで、セラミックではできなかった仮どめができるようになり、使用感を確認しながら形態を微調整できます。色も白いので、お口の中が目立ちません。
また、セラミックと同様に非金属製のため金属アレルギーをおもちの方でも安心して使用できます。さらに、汚れがつきにくく変色に強いほか、インプラントなどの義歯にも応用できるなど、幅広い設計が可能となっています。

ハイブリッドセラミック

 ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、プラスチック(レジン)にセラミックの粒子を混ぜ合わせた補綴物の材料となります。特徴としても、プラスチックとセラミックの中間に位置したものになります。
まず、大きな長所としては、プラスチックが混ざることによって価格を抑えられる点です。セラミックは基本的に自費診療で価格が高くなるので、少しでも価格を抑えたい、予算の都合がつかない、という場合には検討に値するでしょう。また、柔軟性があって歯を痛めにくく、少し壊れたくらいであれば修理もできるといった特徴があります。
ただし、プラスチックが混ざることによって審美性が劣るほか、経年によって変色もしてしまいます。歯垢がつきやすいのでむし歯のリスクが高まるといった点にも注意が必要です。

メタルボンド

 メタルボンド

金属の表面にセラミックを焼き付けた補綴物です。金属で裏打ちすることで強度が高くなり、割れにくくなります。また、表面にセラミックを使用することによって口元も自然に見えるようになります。このように、メタルボンドは金属とセラミックのそれぞれのメリットを特徴とした補綴物といえます。
一方で、両者のデメリットも併せもつ形になります。裏打ちされている金属の色が反映され、オールセラミックに比べると透明感や白色の美しさではやや劣ります。また、加齢などによって歯肉が痩せてくると金属部分が歯の根元部分から露出し、ほかの人から見えてしまうおそれがあります。このほか、金属アレルギーをおもちの患者さまはご使用できないケースもあります。

CAD/CAM冠

 CAD/CAM 冠

CAD/CAM(キャドキャム)とはシステムの名前です。患者さまの歯型などのデータをもとにコンピューターによって被せ物(クラウン)などの補綴物をデザインし、素材のブロックを削って作製まで行ないます。
このシステムにより、プラスチック(レジン)の混ざったハイブリッドセラミックを保険診療で作ることができます。条件が揃わなければ保険診療では受けられませんが、通常の保険診療では銀歯やプラスチックなどに限られていたところに、審美性の高いセラミック系素材が入るので、選択肢が広がります。特に金属アレルギーをおもちの方は、非金属製のCAD/CAM冠はニーズに合っているといえるでしょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白くきれいにすることを目的とした審美的歯科治療です。
オフィスホワイトニングとは、歯科医院に通院して受けていただくホワイトニングです。歯の周囲を保護したうえで薬剤を塗布したあと、特殊な光を照射して色素の分解効果を高めます。
オフィスホワイトニングは即効性が高く、1回目の治療で歯の白さを実感できます。数回通院していただくことで患者さまが理想とする色調になるので、結婚式などのイベントを間近に控えている方や、手間をかけたくないという方におすすめです。
ただし、効果が現れるのが早い一方で、再び着色する「後戻り」という現象も比較的早く起きる傾向にあります。また、知覚過敏の症状が出るケースもあります。
費用については、 料金表をご参照下さい。

矢切駅前歯科